不妊とは?なかなか妊娠しない・・・先ずは何から始めたらいいのか?

不妊とは?

 

妊娠を希望し1年間性生活を行っていても妊娠の成立がないことを言います。
現在、夫婦の10組に1組は不妊といわれています。

 

1年間の不妊期間をもつことが不任といわれますが、女性の場合は年齢が35歳以上の場合には6ヶ月の不妊期間が経過したあとは検査を開始することが日本産科婦人科学会で認められているそうです。

 

不妊の原因

 

妊娠に至る過程の段階で 何らかの障害があるという事が言われています。

 

女性の不妊の原因としては、女性の体で妊娠が成立するには排卵障害、着床障害などの障害が発生してしまうと妊娠しづらくなってしまうのです。

 

加齢→30歳から不妊症が増加傾向。加齢であるほど自然に妊娠する確率が減っている。

 

排卵障害→何らかの理由によって排卵がうまくいかないトラブルのこと。

 

着床障害→受精卵はできるものの、子宮に着床できない状態。

 

多嚢胞性卵巣(PCO)→卵巣を覆う皮膜が厚くて硬いため、卵子が排卵しづらくなり、卵巣に卵胞がたくさんできてしまう状態。

 

そして不妊の原因は女性だけに原因があるわけではなく男性にも原因があるのです。

 

不妊の半数以上の原因には男性の側になんらかの異常があると考えられるようになっています。
夫婦で不妊治療という選択方法もありますが、男性はなかなか病院まで足を運ぶまでには時間がかかります。
一度調べても問題ないという方もいて、すでに諦めている方もいるのも現状です。
そして不妊の原因の一つの性機能障害、セックスレスもありますが、性欲の衰える時期には個人差がありますが、性欲を司る男性ホルモンの分泌量は、20代をピークに、30代から徐々に減少傾向のようです。
結婚の晩婚化の影響もあるとは思いますが、男性のストレスが溜まりセックスをしたくない状況だったり、いざしようと思っても勃起しなかったりと男性不妊で悩んでいる方は多いそうです。

 

造精機能障害→精子をつくり出す機能自体に問題があり、精子をうまくつくれない状態。

 

性機能障害→性的欲求や性的興奮とその最高潮などが、減退・欠如する状態

 

 

まずは検査をして不妊の原因になる病気や体の疾患が発見される場合もあるので、自分の体を知るにも調べてもらうのが第一です。

 

しかし、妊娠できないのはなぜか、どこが悪いか、何が原因かと今の医学ではまだ全部は解明させていないようです。

 

1日3食しっかりと食べ栄養をとったり、睡眠を十分にとること、喫煙はやめてお酒は控えめにすることや夫婦でコミュニケーションをとって、ストレスを溜めないことなど日常出来ていないようなら見直す必要がありそうです。日頃からの心のケアを含めた健康管理が非常に重要なのです。

 

不妊治療という選択

 

1年間性生活を行っていても妊娠の成立がないようなら病院に行き、不妊症かもしれないという診断がついて、はやくに治療が開始することができます。

 

不妊の治療方法はいくつもありますが、ここでは代表的な治療方法です。

 

・タイミング療法・・・基本検査で異常が見つからなければ、排卵と射精のタイミングをより正確に合わせること。

 

半年をメドに、結果が出なければ次は卵巣を刺激して卵胞を多く成熟させる排卵誘発をするというようにステップアップしていく治療

 

・人工授精・・・精子を子宮に入れること

 

・体外受精・・・精卵子に精子をふりかけること

 

・顕微授精・・・卵子の中に精子を入れること

 

不妊治療を始めてからは、治療費がかかります。
1回の月経周期の間にかかる費用は、タイミング法や人工授精の段階では数万円ですが、体外受精や顕微受精になると数十万の費用がかかってくるのです。
不妊治療をはじめたらすぐに妊娠が出来るというわけではなく、目的は治療をするのです。