アメリカのダイエットサプリと日本のダイエットサプリどっちが効く?

ドラッグストアのダイエットコーナーを眺めてみると、あらためてアメリカ製の商品が多いことに気づきます。さすがアメリカ。肥満の人は出世にも響く国です。そりゃ商品も多いですよね。とくにサプリメント系は、さまざまな種類の商品が陳列されています。

 

ここで疑問です。

 

やっぱりダイエット先進国のアメリカのダイエット系サプリのほうが、日本のダイエット系サプリよりも効果があるんでしょうか?

 

じつは、日本とアメリカのダイエット系サプリには、とても大きな違いがあります。
それは、次のようなことです。

 

・ 日本のダイエット系サプリ → 健康食品
・ アメリカのダイエット系サプリ → 医薬品

 

そうなんです。日本のダイエット系サプリは、健康食品に分類されているのです。アメリカのダイエット系サプリのすべてが医薬品というわけではありませんが、少なくとも有名な商品は医薬品扱いになっています。医薬品として流通させるには、それなりの審査を通らなければならないわけで、ちょっと怪しい商品はこの審査の段階でアウトになるわけです。

 

ただ、これは一概に医薬品がいいというわけではなく、日本の医薬品申請のハードルはかなり高いためなかなか認可が下りない、という説もあります。アメリカなら簡単に認可が下りる日本のダイエット系サプリがたくさんある、とも言われています。
その証拠に、日本のダイエット系サプリがアメリカで爆発的な人気を誇っているという事実もあるのです。

 

例えば、『ミネラル酵素グリーンスムージ』という置き換え系のダイエットサプリ。こちらは、三食のうち一食をスムージーに置き換えるものですが、その効果は抜群で、アメリカのみならず、フランスやシンガポールでもダイエットサプリランキングで1位(!)になっています。
また、『カロリナ酵素プラス』というダイエット系サプリは、生酵素の力で代謝を増やし、普段の生活から痩せやすい身体を作る事を目的としたサプリです。こちらのサプリは、歌手のテイラー・スウィフトさんやモデルのオリヴィア・パレルモさんが愛用中で、そこからファンの間で火がつきました。
『雪国美肌酵素液』という超日本っぽい商品名(笑)のダイエット系サプリは、食事のカロリーカットをしながら、酵素で脂肪燃焼を促すという酵素ドリンクです。これはモデルのミランダ・カーさんが雑誌で効果を語るほど、ダイエットサプリとしての信頼を得ています。

 

このように日本のダイエット系サプリは健康食品ではありますが、アメリカのダイエット系サプリには全くひけをとらない効果をもっています。厳しい審査を乗り越えた、アメリカのダイエット系サプリも席巻しているのです。皆さんも、そんな世界も認める日本製のダイエット系サプリを使ってみてはいかがでしょうか?

 

→今、大注目の『ダイエット系サプリ』はこちら!